パクチーを保存食にしてパクチー三昧生活!

今、病み付きになる人が急上昇中のパクチー。

パクチーはエスニック料理にはもちろん、最近では普段の食生活にも登場する機会がどんどん増えている食材です。

そんなパクチーを毎日の食生活に気軽に取り入れるには、保存食として常備しておくのがとてもおすすめです。

特にパクチーを栽培している人は、収穫期になると料理で食べきる以上のパクチーが一度に食べごろになってしまい、使い方に困ってしまうことがありますよね。

パクチーを余さず美味しくいただくために、パクチーの保存食の作り方は知っておいて損はありません。

ここでは、特におすすめのパクチーのオイル漬けやパクチー醤油をご紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大




保存食レシピその1:パクチーのオイル漬け

パクチーのオイル漬けの材料は次の通りです。

・パクチー
・オリーブオイル
・塩
・(お好みで)にんにく、唐辛子

作り方はとても簡単で、みじん切りにしたパクチーに塩とオリーブオイルを加えて軽く混ぜるだけです!

にんにくはみじん切りに、唐辛子は辛いのが好みの方は細かめ切って加えると良いでしょう。

パクチーのオイル漬けの魅力は、何と言ってもその汎用性です。

パスタや肉・魚料理の仕上げてかけても良いですし、サラダのドレッシングの材料としても大活躍してくれます。

思い立ったら簡単に作れちゃうのもとても魅力的です。

保存食その2:パクチー醤油

日本の食卓に欠かせないお醤油。

このお醤油もパクチーを漬け込むことで簡単にできますし、料理に合わせやすくておすすめです。

パクチー醤油は、先ほどパクチーのオイル漬けでご紹介したようにパクチーのみじん切りをお醤油とまぜるのが基本です。

好みでにんにくのみじん切りやごま油などを加えると、風味やコクが増して美味しくなります。

和食のアレンジとして、パクチーを気軽に登場させることができるのが魅力的ですね。

普段の醤油づかいに飽きてきた方にはとてもおすすめです。

まとめ

パクチーの保存食として、2つご紹介しました。

・パクチーをみじん切りにして、塩・オリーブオイルと混ぜて作るパクチーのオイル漬け
・パクチーをみじん切りにして、醤油と混ぜて作るパクチー醤油

保存する過程で雑菌などにより悪くなることもありますので、2週間を目安に食べきることをおすすめします。

また、基本的なことですが、保存容器は熱湯などで殺菌処理してから使用するようにしましょう。

ご紹介した2つのパクチー保存食は便利で飽きが来ないので、ぜひ作るのに挑戦してみてください。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大




pakuchi-studyレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする