パクチーの栄養を余さず食べる食べ方!

まだまだ人気上昇中のパクチーは爽やかな風味がこれからの夏の季節にぴったりで、ますます食べたくなってしまいますよね。

そんなパクチーは、とても栄養豊富な食材だということをご存知でしょうか。

美味しいだけでなく、美容・健康効果もあるなんて一石二鳥ですよね。

そんなパクチーの栄養を効果的に取り入れるのには、食べ方に少し気を付ける必要があります。

そこで、栄養をしっかり取るために気を付けたいパクチーの食べ方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大




ビタミンや香り成分に注目すると…食べ方としては生食がオススメ!

パクチーは多種多様なビタミンやミネラルが豊富に含まれる食材です。

ミネラルは加熱に強い栄養素ですが、ビタミンは加熱の時に注意が必要です。

加熱が直接の原因となったり、加熱により酸化したりすることで、ビタミンは破壊されることがあり、特にビタミンB1やビタミンCは損失が大きいと言われています。

また、水溶性ビタミンは水にさらされることで食材からどんどん失われてしまいますので、茹でる、煮込むといった調理法は特に注意が必要です。

さらに、パクチーの香り成分には食欲増進や、抗菌作用、リラックス効果などの多様な効果がありますが、この香り成分も加熱により失われやすいです。

よって、パクチーは加熱するよりも生で食べるのが栄養面ではおすすめです。

油と一緒に摂取することでベータカロテンの吸収率アップ

さらにパクチーに豊富に含まれるベータカロテンを効率的に摂取するには油と一緒に摂取することがおすすめです。

ベータカロテンは体内でビタミンAに変化し、目や皮膚の健康維持に重要な役割を果たします。

パクチーを刻んでオリーブオイルに浸けると、パスタや焼き物など様々な食べ方が可能で便利なパクチーオイルができるのでおすすめです。

パクチーオイル自体も、にんにくやトウガラシなどでアレンジを効かせることが可能です。

また、シンプルにドレッシングを絡めたサラダも、飽きもきにくく食べやすくて良いでしょう。

まとめ

・パクチーの栄養を余さず摂れる食べ方としては、加熱により壊れやすい栄養素を守るため、パクチーを生で食べることが挙げられる。
・体内でビタミンAに変化するベータカロテンを効率的に摂取するには、油と一緒にパクチーを食べると良い。
・栄養面の摂取から考えると、パクチーオイルやドレッシングを絡めたサラダが料理としておすすめ。

パクチーの栄養を意識して調理することで、パクチーの良さをぜひ実感してみてくださいね。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大




pakuchi-studyレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする