パクチーの根を冷凍保存するとどう利用できる?

パクチーと聞けば、その葉っぱを食べるというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

確かに東南アジアではその葉っぱがメインで食べられていますよね。

独特の匂いを嫌がる人も多いですが、この独特の匂いが好き、という人も多いものです。

しかし、実はパクチーはその猫を食べることも可能です。

ここでは、その根っこの活用法と保存法であるデートについてお話しします。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

根っこの活用方法

パクチーの根っこは葉っぱよりも香りが軽く、また食感がシャキシャキしているということが特徴です。

アジア諸国では、パクチーの葉っぱのみならず、根っこもよく使われています。

例えば、スープの素材や煮込み料理の風味づけ、そしてサラダのドレッシングとして使われることもあります。

野菜やお肉と一緒に煮込むことにより、パクチーが出汁をきかせるとなり、とても美味しくなります。

春雨にもよく合いますから、もちろん東南アジアでもよく食べられています。

葉っぱほどクセがないため、葉っぱが苦手であっても根っこならば食べられるという人もいます。

根っこの保存方法

とは言っても、そのような根っこはすぐには使わない、ということもありますよね。

パクチーの根っこは、乾燥保存や冷凍保存が可能です。

乾燥保存をしたいと思うのであれば、しっかりと天日干しをし、乾燥させてジップロックなどに入れて保存しましょう。

冷凍保存の場合、ラップに包んでジップロックに入れます。

乾燥する必要はありません。

いざ料理に使いたい時はそのまま利用することが可能です。

乾燥すると食感は失われてしまいますから、食感を楽しみたいと思うならば冷凍保存の方がお勧めです。

ぜひスープや煮込み料理、ドレッシングとして使ってみてください。

葉っぱが苦手であるという人でも大丈夫です。

パクチーの栄養

そんなパクチーには、一体どのような栄養素があるのでしょうか。

調味料等として愛されるパクチーですか、先ほども述べた通り、アジア諸国である中国やタイ、ベトナムでは頻繁に使われています。

そのパクチーには、胃腸の働きを助け、抗酸化作用持つビタミンや鉄分、カルシュームが豊富に含まれています。

パクチーの種はオレンジに似た香りがしますが、古代ギリシャでは薬として使われていました。

特に炭水化物と合わせて摂取すると効果が高まると考えられており、パンに入れて焼かれていたこともあるそうです。

今は辛い料理に合うと考えられ、カレーなどの風味を引き立ててくれます。

まとめ

いかがでしょうか。

パクチーと聞くと葉っぱを食べるというイメージを持っている人も多いでしょうが、実は根っこも食べられるなんて驚きですよね。

つまり、パクチーには捨てる場所がないということになります。

根っこならば葉っぱほど臭いが強くないですから、葉っぱが苦手であるという人もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする