パクチーを克服するにはドレッシングがおススメな理由

パクチーは好きな人は大好きだけれど、苦手な人は絶対にいや、というように、好き嫌いが極端に分かれるハーブの1つです。

しかし、苦手だからといって食べない、というのは非常にもったいないと言えるほど、パクチーは様々な栄養素を含んでいます。

アンチエイジング効果やデトックス効果など、嬉しい効果があるのです。

それならば、ぜひパクチーも好きになりたいですよね。

実は、パクチーを克服するためにはドレッシングがオススメであると言われています。

ここでは、パクチー克服のためにオススメなドレッシングについてお話しします。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

パクチードレッシングとは

ドレッシングという事は、パクチーそのものの葉っぱに噛み付くわけではありませんから、なんとなく食べられるかもしれない、と思う人もいるのではないでしょうか。

もちろん、パクチーの独特な香りが利用されたドレッシングなのですが、これは万人受け間違いなしと言われています。

サラダにかけても良いですが、実は炒め物にも使うことができますから、簡単にエスニック風の料理を作ることができてしまうのです。

いつものサラダなどがあっという間に東南アジア風の料理になってしまいますよ。

また、パクチーのドレッシングにはニンニクなども含まれていますが、特に後味を心配する必要はありません。

パクチードレッシングの作り方

いくらパクチーを克服できるとは言え、本当に食べられるかどうかわからないものをお金をかけて買ってくるなんてもったいない、と思う人もいるかもしれません。

最近ではパクチードレッシングはスーパーなどでも購入可能ですが、自分で作った方がいっそう食べられるかもしれないですよね。

まず、パクチーを食べやすく切りましょう。

そしてごま油、お酢、塩とパクチーを混ぜます。

人によっては醤油やレモン汁を使う場合もあります。

自分で作れるからこそ、自分が好きなように味付けをすることができるという利点がありますよね。

パクチーを克服したいと思うのであれば、自分なりに工夫をしてみても良いかもしれません。

パクチードレッシングの用途

先ほども少し話しましたが、実はパクチードレッシングは様々な面で利用することが可能です。

ドレッシングと聞くと、ついサラダにかけるだけ、と思ってしまうかもしれませんが、実際はそんな事はありません。

例えば焼き餃子につけることもできますし、パスタにつけることも可能です。

メキシカン料理ではトルティーヤチップスなどをつけるためのソースにしてもおいしいですし、ひよこ豆のサラダなどにかけてもおいしいですよ。

また、市販のものの中にはパクチードレッシングのみならず、パクチーチリドレッシングやパクチーソースなどもあります。

見かけたらぜひ購入してみてください。

まとめ

いかがでしょうか。

パクチーの葉っぱを食べることができなくても、ドレッシングならば食べられるかもしれないと思った人もいたかもしれません。

パクチーには様々な栄養素が含まれており、克服しなかったら非常にもったいないです。

ぜひこれを機に、パクチーを好きになってくださいね。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする