パクチーが苦手でも食べられるおすすめの調理法について

パクチーはもともと日本ではなじみの薄い食材でしたが、エスニック料理が親しまれるようになる中で注目度が高まり、その健康効果と合わせてパクチーを好む人がだんだんと増えてきました。

そのため、パクチーはエスニック料理の一素材として使われるのみならず、パスタなどの様々な料理に組み合わされて使用されるようになり、今ではパクチー料理専門店ができるほどです。

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が高まっているパクチーですが、苦手な人もまだまだ少なくありません。

パクチーが苦手でも食べられる、そんな方法があれば試してみたくなりますよね。

そこで、パクチーが苦手な人でも食べやすくなる調理方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

パクチーが苦手、その原因と食べられるようになる方法は?

パクチーが苦手とされる理由、それは独特な香りや風味によるという人が大多数でしょう。

パクチーは若干苦味がある食材ではありますが、それでも香りに比べればはるかにクセは感じられないと思います。

そのため、あの独特の香りを克服できればパクチーはずいぶん食べられるようになるでしょう。

最初パクチーの香りは苦手でも少しずつ食べることに慣れていくことで、気付いたらパクチーがその香りも含めて大好きになっていた、という人も結構いるようです。

なので、パクチーが苦手でも食べられるようになるには、少しずつパクチーを食生活に取り入れていくのが良いと言えるでしょう。

パクチーの香りを軽減させて慣れよう!

パクチーの香りを克服するにはどのようにしていけば良いでしょうか。

実はパクチーの香りは加熱することで軽減されるのです。

全くなくなる、というわけではありませんが、パクチーは香りを飛ばすことによりずいぶんと食べやすくなるでしょう。

エスニック料理店にいくと、料理に生のパクチーがどさっと盛られていることがありますが、パクチーが苦手な人はそのような食べ方は避けましょう。

炒め物や揚げ物、スープの材料としてパクチーが使われていれば、加熱により香りが軽くなっているのでおすすめです。

また、お店でなれるほかには乾燥パクチーで慣れる、といった方法もあります。

スパイスコーナーが充実した小売店では、パセリやバジルのように乾燥して細かくされたパクチー(香菜、コリアンダーという表記の場合もあります)が販売されています。

また、最近では流行に乗ってインスタントラーメンやスープ、ポテトチップスなどのお菓子でもパクチー味が発売されています。

これらの手軽に試せるものを少しずつ生活に取り入れていくのも、おすすめの方法です。

まとめ

・パクチーは独特の香りを軽減することで食べやすくなる
・生のパクチーは香りが強いので、パクチーを加熱して料理に使用すると食べやすくなる
・乾燥パクチーやパクチー味の食品でパクチーに慣れていく方法もアリ

パクチーに慣れると、パクチーの旨みのようなものが香りや風味に勝って不思議と食べやすくなるものです!

筆者も昔は苦手でしたが、インスタントスープを飲んでパクチーを克服することができましたよ。

パクチーが苦手なうちは想像もつかないかもしれませんが、パクチーは健康効果にも優れているのでぜひ挑戦してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする