パクチーが苦手な人のための克服法

若い女性を中心に今大ブームとなっているパクチー。

エスニック料理の流行とともにだんだんと認知度が高まり、最近では2016年のぐるなび今年のひと皿に選ばれるほどの人気ぶりです。

しかしパクチーを食べる機会が増えている一方で、日本の食卓になじみのない独特の香りからかパクチーが苦手な人も少なくありません。

その中には、できれば食べたい・・・とは思ってはいても、パクチーを好きになる方法がわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこで筆者もパクチーを好きになれたパクチーを克服するおすすめの方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

生をたくさん食べる、はNG!!

雑誌のパクチー特集では、生のパクチーをたっぷり使ったおしゃれな一皿が大きく写真で使われていたりしますよね。

みずみずしくてきれいな葉を見ているとパクチーを食べてみたくなってきますが、パクチー初心者がいきなり生のパクチーを食べるのは注意しましょう。

生のパクチーは香りが強いため、慣れないうちは少量でもパクチーの香りで料理の味がわからなかった、という失敗をしてしまいがちです。

パクチーの香りは加熱することで和らぐため、初心者が外食などでパクチー料理を選ぶ際はできるだけ生を避け、炒め物やスープなどを選ぶのが無難です。

手軽に継続できるパクチー克服法は「インスタントスープ」

パクチーを継続的に食べるとパクチーの香りに慣れることができ、パクチーのもつうま味に気づくことができるでしょう。

中でも毎日続けられるパクチー克服法としておすすめなのが、市販のインスタントスープを毎日飲むことです。

インスタントスープにはパクチーがたくさん使われていますが、乾燥パクチーはあの独特な香りが控えめなのでパクチーの香りに慣れるのにはちょうど良いのです。

またお湯を注いで混ぜるだけなので簡単に調理することができます。

少し慣れてきたらパクチーの葉を少し噛んでみると、パクチーのうまみを感じることができます。

筆者もこの克服法を試してみたところ、数日で香りに慣れることができ、パクチーを食べられるようになりました!

まとめ

・パクチーを克服するためには、パクチーが加熱調理された料理を選ぶのがおすすめ
・気軽にできるおすすめの克服法は、毎日パクチー入りのインスタントスープを飲むこと

パクチーを克服すれば、おしゃれなイベントも女子会も怖くありません。

パクチーが苦手な皆さんも、この克服法でパクチーを美味しく召し上がれるようになってください。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする