パクチー栽培の疑問!簡単にペットボトルで栽培できる?

エスニックブームから人気に火が付いたパクチー。

そんなパクチーを気軽に栽培し始めるのにおすすめなのが、ペットボトルで水耕栽培をすることです。

ペットボトルは飲み物を飲んだ後のもので十分ですし、パクチーの種やその他の材料も100円ショップやホームセンターで準備できるものばかりで、思い立ったらすぐ始めることが可能です。

そこで、簡単に始められるペットボトルでパクチーを栽培する方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

簡単に始めるペットボトル栽培:準備するもの

パクチーをペットボトルで栽培するために、まず必要なものを準備しましょう。

準備するものは次のとおりです。

・パクチーの種
・バーミキュライトなどの培地
・液体肥料
・ペットボトル
・ポリエステルなど化学素材のフェルト
・スポンジ

簡単に始めるペットボトル栽培:育て方

まず、水耕栽培を始めるにあたって容器を作っていきます。

ペットボトルは上から10センチ程度のところでカットし、上側と下側に分けます。

フェルトはペットボトルの底にあたる程度の長さに切って長いひも状にします。

スポンジはペットボトルの飲み口にぴったり収まる程度にカットして中心に穴を開け、先に準備したフェルトの紐を通します。

このフェルトのひもがペットボトルの下部に入った液体肥料を吸い上げる役割をします。

ペットボトルの上側は飲み口を下向きにして先に準備したフェルトのひも付きスポンジを飲み口にはめ、ペットボトルの下側の上に乗せます。

このように容器を作り終えたら、次はパクチーの種を植えていきましょう。

ペットボトルの上部に培地を用意したら、パクチーの種を数粒まとめて蒔き、薄く土を被せます。

ペットボトルの下部分には、容器の3分の2程度、適切に希釈した液肥を入れます。

あとは、日当たりの良い場所において、すくすく育てていきましょう!

液肥は長時間放置すると藻が生えたりして悪くなってしまうので、1,2週間程度で交換することをおすすめします。

まとめ

・パクチーはペットボトルで水耕栽培できる。
・ペットボトル以外の材料も100円ショップやホームセンターで手に入れることができ、自分で工作して容器を作ってしまえば育てるのは簡単である。

ペットボトルでの水耕栽培はパクチーだけでなく、他のハーブにも応用して育てることが可能です。

様々なハーブを育てて、ペットボトル栽培のハーブ菜園を作るのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする