パクチーの栽培方法とは?雨が降ったらどうするの?

パクチーと言えば、カメムシの匂いと言われたり、洗剤や石鹸の味と言われるような植物です。

いずれにせよとても食べ物とは思えないような日が使われているため、いったいどんな味なのか気になる人もいるかもしれませんね。

実際に、パクチーはおいしいという人もいれば、苦手という人もおり、その好き嫌いは両極端と言えるでしょう。

しかし、好きな人にとっては栽培してでも食べたいくらい美味しい、というものでもあります。

ここでは、そんなパクチーの栽培方法と雨が降ったときの注意事項についてお話しします。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

強い日差しに注意

パクチーの栽培は決して難しくありません。土が乾燥したらしっかりと水をやり、日当たりの良い場所に置きます。

パクチーを栽培する上での注意事項としては、強い日差しには気をつけましょう。

特に夏場は直射日光の当たらないところに置いておかなければいけません。

もしも種から育てるのであれば、種は春か秋に巻けば良いですが、春にまいてしまうと夏の日差しに耐えなければいけなくなりますから、秋にまいたたほうが良いでしょう。

また、乾燥に弱い野菜でもありますから土が乾いているとなったらすぐに水をあげましょう。

乾燥しやすい夏場は毎朝あげた方が良いです。

雨が降った場合の注意事項

パクチーは日当たりの良い場所に置いておいた方が良いですが、雨の当たらないところに置いておいた方が尚良しです。

というのはパクチーの量は病気になりやすく、雨が当たったり、雨のために泥が跳ねたりしてしまうとそこから病気になってしまうということもあり得るからです。

そのため、土の上にはワラを敷いておくことがお勧めです。

それにより、雨が当たっても泥はねを防ぐことができます。

また、もしも葉っぱが白くなってしまったり、黄色くなってしまった場合は肥料をあげましょう。

もし苗を購入してくるのであれば、あまり大きすぎないものを選ぶことが大切です。

大きすぎてしまうと、茎が太くなりすぎて葉っぱに苦味が増してしまうことがあるからです。

根っこを傷つけないように

パクチーには直根性があります。

これは根っこが途中で分かれず、まっすぐに伸びていくものを指します。

パクチーだけではなく、チューリップやヒヤシンス、大根なども同様です。

このような植物の場合、根っこを傷つけてしまうと植物が大きなダメージを受けてしまうため、パクチーは植え替えを嫌うのです。

もしも苗で購入し、植え替えなければならない場合、猫には触らないように気をつけましょう。

触ってしまうだけでもパクチーには大きなストレスになってしまいます。

まとめ

いかがでしょうか。

パクチーの栽培はコツさえ抑えれば難しい事はありません。

しっかりと水をやり、日に当たるところに置いておくということが大切です。

雨と根っこの取り扱いだけ気をつけ、ぜひ栽培してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする