パクチーを日当たりで栽培すると効果的?

パクチーと聞くと、強烈な匂いがする野菜として思い出す人も多いのではないでしょうか。

葉っぱの匂いはカメムシのような匂いとしても知られており、その味は石鹸や洗剤の味として例えられることもありますよね。

いずれにせよ、とても食べ物とは思えないような例えがなされているものです。

しかし、パクチーは大好きな人は大好きなハーブ、とも言われています。

ここでは、そんなパクチーの栽培方法についてお話しします。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

日当たりの良いところを選ぶ

パクチーを栽培するときは、日当たりの良いところを選びましょう。

少し位なら日陰でも構いませんが、日当たりの良い所の方がパクチーはきちんと育ちます。

しかし、だからといって夏場、直射日光を当ててはいけません。

強い日差しを当てすぎてしまうと、パクチーが病気になってしまう可能性が高まります。

だからこそ、パクチーを種から栽培するのであれば、本来は春でも秋でも種をまくことができますが、春に巻いてしまうと夏の強い日差しの時期を変えなければいけなくなるため、秋に種まきをする方が良いでしょう。

植え替える時のポイント

パクチーは直根性を持つ植物です。これは、根っこがまっすぐに下に伸びていくということであり、横に分かれていかないということです。

つまり、このまっすぐ下に伸びていく根っこはとても重要なものであり、これが万が一でも傷ついてしまったら大きなダメージを受けるということがわかりますよね。

だからこそ、植え替えるときにはこの根っこに触らないようにすることが大切です。

また、もしも苗から購入して栽培するなら、小さめのもの選ぶようにしましょう。

大きなものを選んでしまうと、茎が太くなってしまい、葉っぱが苦くなってしまう可能性が高まります。

雨が降ったときの注意事項

パクチーを栽培するならば日当たりの良いところにおくことが大切ですが、くれぐれも雨には気をつけましょう。

雨そのものは問題ありませんが、雨によって泥が跳ねてしまい、葉っぱについてしまうと、そこから病気になってしまう可能性が出てくるからです。

そのため、土の表面にワラを敷くことにより、泥跳ねを防ぐことが可能になります。

日当たりが良いという事は雨が当たる可能性がありますから、泥跳ねには注意をしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

パクチーを育てるときには日当たりの良いところにおくということが重要です。

そしてくれぐれも雨が降ったときには泥跳ねに注意し、根っこに触らないように気をつけましょう。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする