パクチーをプランターで育てよう!発芽率をアップさせる方法

パクチーには直根性があります。これは、根っこが横に伸びることなく、縦にまっすぐ伸びていくということです。

そのように聞くと、パクチーを栽培するときには畑など、直に栽培しないと発芽率が悪いのではないか、と考えてしまう人もいるかもしれません。

となると、アパートなどでは育てられない、と感じてしまいますよね。

しかし、パクチーはプランターでも充分栽培可能です。

プランターでも発芽させることができるのです。

ここではそのコツについてお話しします。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

プランターについて

もしもパクチーをプランターで栽培したいというのであれば、できれば容量が12リットルから13リットルのものを選びましょう。

パクチーは全体に幅が30センチから40センチ、高さは40センチから50センチほどになります。

そのため、それなりに深さが必要になるのです。

また、もしも種から植える場合、パクチーの種は硬い殻に包まれているため、発芽率を上げたいと思うのであれば、一晩水に入ったコップに種をつけておきましょう。

これだけでも発芽率を大幅に上げることができます。

パクチーは1つの種に2粒の種が入っているため、種をまくときには指先で少しひねり、2つに分けてまくようにしましょう。

植え方

野菜専用培養土がハーブ専用の地を使用します。

土が古かったりすると病気になりやすくなりますから、出来る限り新しい土を使いましょう。

発芽には2週間ほどかかります。

ですから、土を乾かさないようにしっかりと水やりをする必要がありますが、だからといって水をやり過ぎれば良いというわけではありません。

そして日当たりの良い場所で育てましょう。

発芽し、株が混み合ってきたら、間引きをすることが大切です。

それぞれ1センチ位間隔をあけて間引きすることにより、株を大きく成長させることができるのです。

また、間引いた葉っぱも食べることができます。

収穫

もしも葉っぱが病気になってしまったら、肥料を与える必要があります。

2週間に1回位のペースで良いですから、液体肥料を与えましょう。

葉っぱが増え、大体20センチほどになったら収穫することができます。

出来る限り下の方から葉っぱを収穫しましょう。

上のほうはまだまだ新鮮ですから、下から収穫して行った方が良いです。

種を収穫させたい場合は花が咲くように、葉っぱなどを取りすぎないようにしなければいけません。

また、収穫せずに放っておいてしまうと葉っぱが硬くなってしまい、食感が悪くなります。

苦味も増してしまいますから気をつけましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

パクチーをプランターで栽培する場合、そのプランターのサイズには充分気をつけましょう。

あまり小さ過ぎると根がしっかり張らず、育たない可能性があります。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする