パクチーの栽培方法と農家での取り組みについて

今、若い女性を中心に人気が急上昇しているパクチー。

パクチーはクセのある独特な香りで好き嫌いがはっきりとわかれやすい食材ですが、パクチーに病み付きになる人が後を絶ちません。

パクチーの人気を下支えしているのはブームを巻き起こしているエスニック料理店などの飲食店はもちろんですが、人気に火が付く前から生産を下支えしている農家の方々の地道な努力によるところも大きいです。

そこで、今大人気のパクチーの栽培方法や農家での取り組みについて紹介していきます。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

農家でのパクチー栽培方法

さて、趣味としては露地栽培でもベランダ栽培でも栽培可能なパクチーですが、農家ではどのように栽培されているのでしょうか。

パクチーは害虫にあまり強くなく、また雨で流れてしまう心配もあるため、安定した収穫をあげるために農家ではハウス栽培されていることが多いようです。

雨除けや防虫ネットをかぶせてあげることにより、パクチーを害虫や悪天候から守ることができるのです。

また、化学肥料や農薬を極力使わない栽培方法も日々模索されています。

パクチーはサラダや料理の添え物として生で食べる機会も多いので、安心・安全を売りにしたパクチー栽培はどんどん盛んになっていくことでしょう。

出荷するパクチーは香りにもこだわる

農家では、アイデンティティとも言えるあの独特の香りも十分にこだわってパクチーを栽培しています。

パクチーを愛してやまないパクチストをうならせる香りの強いパクチーを栽培する農家がある一方で、パクチーが苦手な人向けに香りが控え目になるよう栽培する農家もあります。

同じパクチーと言えども、ビギナーからファンまで需要は様々。

少し苦手だけど何とか食べてみたい、という人までいるでしょう。

狙いは違えど、栽培方法や品質にこだわりをもって出荷する農家さんの熱い思いを感じますよね。

まとめ

・パクチーは、害虫や悪天候によるリスクを避けるために雨除けや防虫ネットを設置したハウス栽培している農家が多い
・パクチー農家では、パクチー初心者から熱狂的なファンまで満足させられるよう、香りの強弱にもこだわってパクチーが栽培されている。

パクチーはまだ日本での栽培の歴史は浅く、それぞれの農家が栽培方法を試行錯誤しています。

美味しくて、高い栄養価を誇るパクチーは農家さんの努力のたまものです。

パクチーの大ブームは、愛情込めてパクチーを栽培している農家さんが下支えしていることを忘れてはなりません。

日本のパクチー農家を応援するためにも、パクチーをたくさん食べて愛してあげてくださいね。

スポンサーリンク
pakuchi-studyレクタングル大

pakuchi-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする